NEWS

機嫌が悪い

御機嫌ようー!という挨拶があるように、
機嫌が良かったり、悪かったりすると、その人の性格すら違って見えてきますよね。

おてやすみでは、自分のコンディションは自分で整える、自分の機嫌は自分で取る、と伝えています。

何故かというと、1番はお客様のコンディションを整えるお手伝いをするセラピストですから、まずは自分のことから。

そして、もう1つは、自分で自分の機嫌を取ることが自制心ともなりますし、周りへの配慮となるからです。

機嫌が悪くて、何となく態度が悪くなる人っていますよね。

何かがあって元気がないのなら、周りがサポートしてくれるでしょう。

しかし、ちょっとしたことにイライラして、人のミスは許せないような人がたまにいます。

それは、イライラしている自分を受け入れてくれる周りの環境に甘えているからではないでしょうか

でもよく見渡してみると、イライラしたり、自分のネガティブを周りに当てている人は和の中から淘汰されてしまいます。皆、嫌がるんですよね。

人から嫌がられたときに、イライラしているのであなたのことを好きになれない。と言ってくる人はほとんどいないてしょうから、
常に自分で機嫌を取る習慣が必要になってくるわけですね。

ちょっとしたことの積み重ねで大きく変わるんですね。